アドリブソロと作曲に使える音楽理論 その2-4 メロディックマイナー・ハーモニックマイナー

一番最初に、Cダイアトニックスケール

ファ

を「明るく上ってゆく」と表現しました。
しかし、この音使いのまま順番だけを変えて

ファ

と弾いてみるとどうでしょう? 「暗く上ってゆく」印象になったと思います。
このように、同じスケールでも開始点が違うと印象が変わってきます。
どちらも、使用する7音は「Cダイアトニックスケール」なのですが、特に「ド」から始まるものを「Cメジャースケール」、「ラ」から始まるものを「Aマイナースケール」とも呼びます。

さらに、マイナースケールは前項で説明した2種もあるので、Aマイナースケールを厳密に「Aナチュラルマイナースケール」とも呼びます。それに「Aメロディックマイナースケール」と「Aハーモニックマイナースケール」が加わって、マイナースケールは全3種となります。

更に「開始点」の話をすると、E7の時にA-HMかA-MMを弾くわけですが、この呼び名だと「ラ」から始まることになります。しかし、コードがE7だと、「ミ」を開始点にした方がより自然に聴こえます。よって、同じ音使いのまま並び替えた形に、固有の呼び名も存在します。

ファ♯ ソ♯

AメロディックマイナーをE音(ミ)から並べ直した形です。これを「Eメロディックマイナーパーフェクトフィフスビロウスケール」と呼びます。長い!

ファ ソ♯

同じくハーモニックマイナー版。これも同じ法則で「Eハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウスケール」と呼びます。長いって!
略して書く時は「EMMP5↓」「EHMP5↓」や「EMMP5B」「EHMP5B」となります。
ジャズではよくこう書くのですが、最初は暗記しなくてもよいです。どの音に♯がつくかだけしっかり頭に入れて下さい。

次はA7,B7についてです。

2-5 マイナー解決セカンダリードミナント その2

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow