アドリブソロと作曲に使える音楽理論 その2-1 セカンダリードミナント

■第2章 ☆一時転調基本編☆

セカンダリードミナント」というものについて学んでみます。

まずは、説明しやすいようにKey of Cに限定して書きますね。
基本ダイアトニックコードをもう一度挙げます。

C Dm Em F G Am Bm-5

はい、これでした。それで、更にマイナーのコードは一旦とっぱらってしまって普通のメジャーコードに替えます。Bm-5は特殊なので除外します。

C D E F G A

とても単純になりました。
さて、これらを更に一旦それぞれ「トニック」と見なします。1-5項で説明した、そのKeyで最も安定するコードです。そして、そのコードへ向かって最も強く解決するドミナント7thを考えます。コード一覧表で言うと、トニックがIでドミナント7thがV7です。
それを表にしてみます。

G7 A7 B7 C7 D7 E7
↓進行する
C D E F G A

7thコードが6つできました。この中で、G7は基本コードなので除きます。
残った5つ、A7,B7,C7,D7,E7を、Key of Cのセカンダリードミナントと言います。

鍵盤で弾いてみるとわかりますが、これらはダイアトニックスケール以外の音を含みます。(Key of Cだと黒鍵ですね)
第1章までではまだ勉強していない要素です。これをまずはマスターします。

その2-2 メジャー解決セカンダリードミナント

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow