アドリブソロと作曲に使える音楽理論 その1-4 基本3和音7つ

「ダイアトニックコード」のうち、まずは基本中の基本である7つを示します。
最低限である3つの音をスケールで1つおきに並べただけのものです。
始点となる音を「ルート」と呼び、その小文字を大文字にしたものがコード名となります。
わかりやすいように、まずはkey of Cでの説明です。

↓コード i ii iii vi v vi vii i ii iii vi v vi vii
C
Dm ファ
Em
F ファ
G
Am
Bm-5 ファ

※この表は、そのままキーボードの白鍵として見ることができます。弾いてみましょう。

mがつけば「Dm=ディーマイナー」のようにマイナーと呼びます。また、Bm-5は「ビーマイナーフラットファイブ」と読みます。(別の表記もあるのですが、表記については詳しいページを別項として作ります)

mがつかないコードをメジャーコードと呼びますが、何故メジャーコードとマイナーコードがあるのか? 弾いてみるとわかりますが、マイナーコードは明らかに「暗い」響きがします。これはスケールの並び上たまたまそうである、というだけです。
半音単位(鍵盤でいうと、黒鍵を含める)で数えると、メジャーコードは最初の音から2番目の音までが4半音、その次の音までが3半音。マイナーコードは最初の音から2番目の音までが3半音、その次の音までが4半音。1番目と3番目の幅は同じなので、2番目の音が左に寄っていると暗く、右に寄っていると明るくなります。この幅の関係性は12半音のどこで弾いても同じです。

コード「C」
┌4半音┐ ┌3半音┐
ド♯
レ♭
レ♯
ミ♭
ファ ファ♯
ソ♭
ソ♯
ラ♭
ラ♯
シ♭
コード「Dm」
┌3半音┐ ┌4半音┐
ド♯
レ♭
レ♯
ミ♭
ファ ファ♯
ソ♭
ソ♯
ラ♭
ラ♯
シ♭

ここまで示したのは「key of C」の場合の「Cダイアトニックスケール」から作られる7つの基本3和音でした。当然、キーの数だけ基本3和音があります。これも全部表にしてしまいましょう。
コードの相対表記は、ローマ数字の大文字で表します。これも重要なことなので覚えて下さい。

↓key I IIm IIIm IV V VIm VIIm-5
key of C C Dm Em F G Am Bm-5
key of D♭ D♭ E♭m Fm G♭ A♭ B♭m Cm-5
key of D D Em F♯m G A Bm C♯m-5
key of E♭ E♭ Fm Gm A♭ B♭ Cm Dm-5
key of E E F♯m G♯m A B C♯m D♯m-5
key of F F Gm Am B♭ C Dm Em-5
key of F♯
/G♭
F♯
G♭
G♯m
A♭m
A♯m
B♭m
B C♯
D♭
D♯m
E♭m
Fm-5
key of G G Am Bm C D Em F♯m-5
key of A♭ A♭ B♭m Cm D♭ E♭ Fm Gm-5
key of A A Bm C♯m D E F♯m G♯m-5
key of B♭ B♭ Cm Dm E♭ F Gm Am-5
key of B B C♯m D♯m E F♯ G♯m A♯m-5

キーの場合は「シャープ系key」と「フラット系key」に分かれています。
例えばkey of Dの「F♯m」は本来「G♭m」と表記しても構成音は同じなのですが、このキーはシャープ系のため、F♯mで必ず書きます。例外としてkey of F♯/G♭だけはどちらの表記もありうるキーとなっています。

その1-5 基本3和音の役割

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow