アドリブソロと作曲に使える音楽理論 その1-1 スケールとは

■第1章 ☆ダイアトニック基本編☆

このページに興味を持ったかたは、おそらく既に楽器を手に持ちながら読んでいらっしゃると思います。……持ってませんか? ちょっと持ってみて下さい。

まずはデタラメに弾いてみましょう。鍵盤楽器なら白鍵と黒鍵の区別なくごちゃごちゃに。他の楽器でも当てずっぽうに。

おそらく音からなんの「印象」も残らなかったと思います。一瞬カッコイイかな? というフレーズが偶然出てくるかもしれませんが、それも次の音を弾き続けると消えてしまいます。

一般に日本に普及している楽器は、1オクターブを12分割して音を出すものです。(インド楽器などはもっと細かかったりしますが、全く違う世界になります)

そもそも「オクターブ」とは? それは音を段々高くしていって、「同じ音の、低いものと高いもの」に聴こえ、一緒に弾いたとき全く濁らない音です。
鍵盤でいうと、「ド」から片手をグッと開いたぐらいの場所にある「ド」が1オクターブ。ギターでいうと、解放で弾いた音と12フレット(特別なポジションマークがあるところ)で弾いた音。

それを12分割したものに、こういう名前がそれぞれついています。

ド♯
レ♭
レ♯
ミ♭
ファ ファ♯
ソ♭
ソ♯
ラ♭
ラ♯
シ♭

これで12個です。縦に2つ並べてあるのは、同じ音に、2つの呼び方があるものです。そしてそこは、鍵盤では黒鍵になります。
この1個分の幅を「半音」と呼び、2個分の幅を「全音」と呼びます。理由はまたのちほど。とりあえず、この状態を「1オクターブは12半音」と表現します。

さて、鍵盤があるかたは「白鍵だけ」をドのところから左へ順に1オクターブ弾いてみましょう。他の楽器のかたは、上記の中で「呼び方が1つしかない音」を順に。

今度は「明るく上ってゆく」という印象が音から得られたのではないでしょうか?

つまり、12半音全部を使わず、選んで使うことで、音楽に「印象」が生まれるのです!
これを「スケール」と呼びます。

今の場合は12半音のうち7つを選びました。これは最も定番のスケール、「ダイアトニックスケール」と呼びます。その他に、7つではなくて5つしかないスケール、8つあるスケールなどもあるのですが、それは勉強が進んでいってから徐々に解説します。

まずは定番の7つの音がダイアトニックスケールだということを覚えて下さい。

次の項でもう少し詳しく説明します。

その1-2 ダイアトニックスケール

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow